Kanzan Gallery 特別展示

響写真館 井手傳次郎

キュレーター:菊田樹子

協力:井手泉、竹見良二、根本千絵、山崎加代子

 

 

2016年12月7日 (水)-12月27日 (火)

OPENING : 12月10日 (土)

TALK : 17:00-

平間至(写真家)×根本千「長崎・幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語」/筆者×山崎加代子(デザインヘヘ/長崎) ×菊田樹(当展キュレーター)

TALK定員25名/要予約 TEL=03-6240-9807 info@kanzan-g.jp

※ご好評につき定員となりました。

RECEPTION : 18:30-

 

GALLERY TALK : 12月24日(土)16:00-

菊田樹子(当展キュレーター)

 

 

 

 

 昭和2年〜18年まで、現在の長崎市片淵にあった伝説の響写真館。バラのアーチをくぐり、ツタが絡まるモダンな洋館での記念撮影は、当時の女学生たちの憧れでした。当展では、その創業者である井出傳次郎の写真美学に迫ります。傳次郎の孫である根本千絵さんのリサーチから発見された、ガラス乾板からのプリントや貴重な写真画集を通して、傳次郎の創作の足跡を辿ります。

Text                >>

Press Release >>

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery