©︎ Endou Yusuke

©︎ Kanagawa Shingo

©︎ Kanemura Osamu

[artPotluck project vol.4]

imshow

出展作家:遠藤祐輔、金川晋吾、金村修

キュレーター:岡田翔|インストール:岡田翔、岩崎広大、増子真有

展示協力:キヤノン株式会社

デザイン:相島大地

 

2020年8月5[水-30[日]

[火曜-土曜]12:00-19:30

[日曜]12:00-17:00

月曜定休/入場無料

 

 [EVENT]

GALLERY TALK8月8[土]16:00-

倉石信乃(明治大学教授・写真史)× 遠藤祐輔(写真家)× 金川晋吾(写真家)× 金村修(写真家)

定員15名/要予約

*8/8に開催されたトークイベントのライブ配信につきましては、

機材の不備によりスタートからの配信ができず、途中途切れることもあり、

大変ご迷惑をおかけしましたとこを心よりお詫び申し上げます。

現在YouTubeチャンネルよりアーカイブ(voice only)を公開しております。

>>https://youtu.be/9N5ICSuyUb4

 

金川晋吾(写真家)映像作品上映会|8月22[土]16:00-

定員15名/要予約

 

-

 

 [プレスリリース]

この度、写真家の遠藤祐輔、金川晋吾、金村修による展覧会「imshow」を開催致します。「imshow」は、作家とキュレーターが共に、作品の在り方や展示方法について考察を行う展覧会です。

 

「写真」とは、基本的にレンズが光を集約することで結ばれた像を切り取り、印画紙に焼き付けたものです。しかし、現在「写真」という表現は、機材の軽量化やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の発展に伴い多様化しています。またそれに伴い「写真」と呼ばれるモノの形や在り処も変化を遂げています。そこで、本展では作家がどのように制作に取り組んでいるのか、どのように「写真」を捉えているのかという点に着目しています。

 

本展覧会は、作家の制作に対する思考を展示空間から体験として再考する取り組みです。

 

-

 

 [展覧会出展作家インタビュー]

遠藤祐輔 >>https://youtu.be/pYe7U7WF4sE

金川晋吾 >>https://youtu.be/8QoreMAFNIQ

金村修 >>https://youtu.be/Cnrzh0qGPho

インタビュー : 岡田翔(当展キュレーター)

 https://kakeru-okada.com/exhibition-imshow-20200805-20200830

 

 

 [プロフィール]

金村修

1964 年東京都生まれ。1993 年東京綜合写真専門学校研究科卒業。

主な展示、受賞歴に、1992 年、写真専門学校在校中にオランダ・ロッテルダム写真ビエン ナーレに招聘される。1996 年、MOMA による「世界の注目される 6 人の写真家」の 1 人 に選出される。1997 年、日本写真家協会新人賞、第 13 回東川町国際写真フェスティバル新 人作家賞、2000 年、第19回土門拳賞、2014年、第39 回伊奈信男賞を受賞など。 写真集に『Spider’s Strategy』、『I can tell』、『Concrete Octopus』ほか、著書に『漸進快楽写真 家』。タカザワケンジとの共著『挑発する写真史』がある。

 

金川晋吾

1981 年京都府生まれ。2015 年東京藝術大学大学院美術研究科博士課程修了。

2010 年三木淳賞、2018 年さがみはら写真新人奨励賞受賞。近年の主な個展に「同じ別の生き物」(2019 年、アンスティチュ・フランセ)、「長い間」(2018 年、 横浜市民ギャラリーあざみ野)など。2016 年青幻舎より『father』刊行。

 

遠藤祐輔

1985年宮城県仙台市生まれ。2007年東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。

主な展示、受賞歴に、「floating view “郊外からうまれるアート”」(2011年、トーキョーワンダーサイト、 東京)、「floating view 2 トポフィリア・アップデート」(2011年、新宿眼科画廊、東京)、「第14回写真1_WALL」審査員奨励賞 高橋朗選(2016年)、「第15回写真 1_WALL」展(2016年、ガーディアン・ガーデン、東京)、「あなたと海のあいま、通り過ぎてゆくすべて」(2017年、塩竈市杉村惇美術館、宮城)、「目に置いていかれないように」(2018年、ニコンサロン、銀座・大阪)、「写真新世紀2019」優秀賞(2019年)、「写真新世紀展2019」展(2019年、TOPMUSEUM、東京)、「Medias」( 2019年、市民ギャラリーあざみ野、神奈川)など。

 

 

 artPotluck project]

kanzan galleryの中田輝昭が2019年9月より新設したプロジェクト。

kanzan gallery/馬喰町・東京のギャラリースペースを使用し不定期にて開催。

>>第一回 9/7-10/13 風間雅昭 写真展『路上の記憶』1968-1971

>>第二回 11/1-12/25 『寺山修司 贋絵葉書展』

>>第三回 6/13-28  岩崎ナギ『7日目』

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery