Kanzan Gallery 特別展示

THE FAN CLUB EXHIBITION

「ふたりとふたり」

倉谷卓・山崎雄策 × 喜多村みか・渡邊有紀

協力:菊田樹子

 

2019年4月16日(火)- 5月19日(日)

12:00-19:30/日曜17:00まで/月曜定休/入場無料

 

 このたびKanzan Galleryでは、特別展示として「ふたりとふたり」展を開催します。当展は、写真家の倉谷卓と山崎雄策による「THE FAN CLUB」が、当ギャラリーのキュレーター菊田樹子の協力のもと、同じく写真家である喜多村みかと渡邊有紀を迎えて企画された展覧会です。

 

 

 

 

【TALK EVENT】

5月11日(土)17:00〜

菊田樹子(キュレーター)× よにん

*トークは、定員20名/ 要予約

ご予約フォーム >>予約 または、TEL. 03-6240-9807

 

【THE FAN CLUB ステートメント】

本展は、4人展ではなく共作を続ける2組による「ふたり」と「ふたり」の展示です。この企画は、倉谷卓・山崎雄策が共作を開始するにあたって影響を受けた、喜多村みか・渡邊有紀に声をかけるかたちで実現しました。淡々と、そして途切れることなく続いて行く2つの作品の現在地をご高覧ください。

 

THE FAN CLUB:2016年に2人展を開催した倉谷卓と山崎雄策が、継続した活動を目指し17年に発足したクラブ。方針やメンバーを固定せずに活動している。これまでに、2018 THE FAN CLUB EXHIBITION「目眼んト」/ OGUMAG(東京) 出展作家:倉谷卓 / 山崎雄策、2017 THE FAN CLUB EXHIBITION「わたしは穴を抱きしめていたい」/ CCAAアートプラザ(東京)出展作家:倉谷卓 / ニモ晴海 / 山崎雄策 / Claudio López の展示を行ってきた。

 

【展示作品について】

『TWO SIGHTS PAST』 喜多村みか+渡邊有紀

大学の同期だった喜多村みかと渡邊有紀が、20歳の頃から定期的にお互いを撮影している作品。それぞれが個人で行っている作家活動とは異なるという位置付けで、2人のライフワークとして現在も制作を続けており、今年で17年目となる。

 

展示歴

2018「あなた/わたし展」塩竈フォトフェスティバル2018 / 宮城

2011「TWO SIGHTS PAST」GALLERY at lammfromm / 東京

2010「TWO SIGHTS PAST」LUMEN GALLERY/ブダペスト、ハンガリー

2006 キヤノン写真新世紀展「TWO SIGHTS PAST」/東京都写真美術館ほか

 

『FAN LETTER』 倉谷卓+山崎雄策

月一のペースで自らの「大切な人」を撮影し、そのフィルムに直接切手を貼り倉谷・山崎の間で送り合う永続的なプロジェクトです。これは私生活に密着しているため、そもそも撮影するべき対象がいないときもあります。その場合は各々の裁量にまかせ撮影します。このテーマに沿った写真が"撮れない"という記録も重要なものになっていくと考えています。今回展示するのは開始から1年半の間に往復したFAN LETTERです。

 

【アーティスト略歴】

喜多村みか

1982 福岡県生まれ

東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域修了

2006 写真新世紀優秀賞受賞(渡邊有紀との共作)

2019 VOCA展 大原美術館賞 受賞

www.mikakitamura.com

 

渡邊有紀

1982 岡山県生まれ

東京工芸大学芸術学部写真学科卒業

2006 写真新世紀優秀賞受賞 (喜多村みかとの共作)

2009 第1回写真「1_WALL」ファイナリスト

www.yukiwatanabe.com

 

倉谷卓

1984 山形県生まれ

日本写真芸術専門学校卒業

2008 フォトプレミオ特別賞

2011 塩竈フォトフェスティバル写真賞

2013・2014 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 審査員賞

www.kurayatakashi.com

 

山崎雄策

1984 千葉県生まれ

2014 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 準グランプリ

2014 写真新世紀優秀賞

www.yusakuyamazaki.com

 

 

©倉谷卓・山崎雄策

TWO SIGHTS PAST 2018 © 喜多村みか・渡邊有紀

一般財団法人日本写真アート協会  Kanzan gallery       東京都千代田区東神田1-3-4 KTビル2F

©  2016  Kanzan gallery